火曜日のゲキジョウ公式サイト

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH
OHERS
ADMIN
TAGS
30×30 (63) , ステタイヨンステ×2 (18) , 月刊彗星マジック (17) , アドシバ! (16) , サイト更新 (10) , 単独プロデュース公演 (6) , リアルタイム更新 (5) , その他 (3) ,
ARCHIVES
人気劇団崩壊危機?(アドスポ1面より)
b33.jpg


火曜日のゲキジョウ1stシーズン最終公演となる、
【対戦型演劇バラエティ アドシバ!】BOUT.33
『作・演出家チーム×看板役者チーム』
いよいよ明日本番です!

アドシバ公演パンフレット
『アドスポ』最新号が完成しました!
以下は一面記事です。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 関西に観劇文化を根付かせるために一年間毎週公演というロングラン企画を成功させた『火曜日のゲキジョウ』。その最終公演である4.26に火曜日のゲキジョウ参加劇団より選抜されたメンバーによるアドシバBOUT33を開催し、経費を除く収益のすべてを東日本大震災への義援金とする事が発表された。ロングランイベントの最終公演、しかもチャリティーマッチという事で和気あいあいとしたお祭りイベントになると思われたBOUT33。しかし発表されたマッチメイクは『作・演出家チームvs看板役者チーム』という、アドシバ史上最も危険と言っても過言ではないものとなった。

『劇団を支えているのは役者か?作・演出家か?』人気劇団にとって宿命とも言えるこの軋轢の決着を、アドシバで着けてしまおうというこの対決。見る側にとっては『なるほど面白そうだ』で済む話かもしれないが、出演者にとってはタブーともいえる劇団内のヒエラルキーを白昼の下に晒し、順列を明白に決定してしまうイリスク・ハイリターンの闘いである。されに言えば、この闘いの結果が劇団の方向性やパワーバランスに多大な影響を与えるのは必至。まさに劇団の存亡すら賭けた闘いとなるのだ。

唯一の同門対決となるステージタイガーの虎本剛と谷屋俊輔をはじめ、人気劇団より選抜された8名の猛者による演劇界最大のハルマゲドン。この闘いの先にあるのは演劇界の新しい秩序か、それともさらなる混沌なのか?すべての答えは26日に出る!
(敬称略)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

http://www.ka-geki.com/perform/?p_id=110426

  • (2011-04-25 20:24:16)